未分類

税理士選びに後悔しない方法は?税理士選びの3つのポイント

税理士の方にはいろいろな方がいます。全国では約7万8千名の税理士登録者がいるのです。その中で自分に合った税理士を探そうとするとそれなりに手間がかかります。

税理士にもいろいろなタイプの方がおり、コミュニケーションが上手な人、勉強熱心な人、税務署あがりの人、上から目線の人、事務的作業をこなすだけの人、ITに強い人、得分野のある人、バランスよく知識のある人、最新の税務知識がない人、税務経験が少ない人、経営のアドバイスが上手な人など様々だからです。

でも税理士のホームページを見ても、いったい誰を選んだら良いのかは判断が付きません。どうやって自分に合う税理士を選べば良いのでしょうか?

税理士選びもフィーリングが大切!

税理士を選ぶ基準としては、以下の3つが大切です。

  1. 税理士の能力
  2. 税理士の人柄
  3. 税理士との相性

税理士の能力

税務に関する知識があるということは、税理士選びでは前提の条件です。最新の税務知識を身に着けていたり、経営についての知識や節税方法、国の税務に関する今後の方針などについて把握しているということはプロとしてとても大切です。

また、業務の処理速度が速く、メールの返信も早い方は能力が高いですね。会社の資産運用を兼ねた節税対策までアドバイスできる方はかなり優秀な税理士だと思います

税理士の人柄

人柄が良いというのも大切です。自分自身が税理士と無料相談を行った際に感じた点としては、以下のことがありました。

  • 聞き上手で相手の話を整理してくれる人
  • コミュニケーション上手で話題が豊富な人
  • 態度がとても上から目線な人
  • 節税については無料相談では出し惜しみする人
  • 早く面談を終わらせたいのが伝わる人
  • 落ち着いて話ができる人

など様々な人がいました。これから長い期間お世話になるのですから、やはり尊敬できて、信頼できる人柄の税理士と組みたいものです

税理士との相性

最後はフィーリングではないでしょうか?私自身は5名の税理士の方と面談しましたが、結局決め手は、フィーリングでした。

少し挨拶をしただけで、すぐにこの人に決めた!という気持ちになりました。実際にこの税理士の方には大変満足しており、毎回の相談も雑談で盛り上がります。雑談の中から大切な税務に関する知識や経営に関する知識も学びました

税理士との相性としては、以下のポイントもありますが、最後はフィーリングが大切なのではないかと思います。

  • 税理士の得意分野が合う
  • 税理事務所の場所が近い
  • 税理業務依頼の予算が希望通り

また、税理士選びで失敗の少ない方法としては、同業他社の友人から紹介してもらうことです。同業ということがポイントです。同業であれば、その業種の業務についてはある程度の知識があり、節税や経営についての理解もあるでしょう。

とは言っても、友人から税理士を紹介されると、実際に会ってから「考え方が合わないな」と感じても断りにくいものです。ですから、いろいろな税理士に合ってみて、それでも良い方に会えなかった時の最終手段として残しておいた方が良いと思います。

税理士紹介サイトで様々な税理士と会ってみる

税理士を選ぶときは、税理士会のホームページを参考にしたり、税理士本人のホームページを参考にする方もいます。私も最初はそのようにして税理士を選んでいたのですが、まったくもってどの税理士が良いのか選べませんでした

これは考えてみると当たりまえかもしれません。税理士会では特定の税理士だけを押すことはないでしょうし、税理士本人のホームページでは、良いところを中心に発信するでしょう。

私の場合は、最終的に税理士紹介サイトを使いました。税理士紹介サイトでは、様々な質問に答えるだけであなたの希望に合った税理士を紹介してくれます。

質問内容の代表的なものは以下の通りです。(実際はもっと多いですが)

①税理士にお願いしたいことは?
・記帳代行(会計ソフトへの入力)
・融資のサポート
・節税対策の提案
・経営のコンサルティング
②どのような業種か?
③売上規模はどれくらいか?
④予算はどれくらいに抑えたいか?
⑤どのような税理士を希望するか?

税理士紹介サイトもいくつかありますので、そのようなサイトを使うことで様々な税理の方に無料相談を行い、その中から自分に合った税理士の方を選びました。

税理士紹介サイトを通して会えた方にも、「この人には絶対にお願いしたくない!」という方から「この人に決めた!」という信頼できる方までいましたが、あなたに合った税理士を選ぶことが出来ると良いですね。

https://pharmafund.net/